こころの24時間チャットサポート

 
カウンセリングルームP・M・Rでは 2016年6月15日 AM10:00(水) より、LGBTQI当事者&ALLYの心理カウンセラー・相談員による、Skypeを活用したチャットサポートを開始致します。
 
従来のカウンセリングサービスとの違いは、

(1)匿名OKです。

(2)ご利用料は無料です。

(3)24時間、いつでも話しかけて頂けます。

(4)日本全国から海外まで、どの地域からもご利用頂けます。

(5)心理カウンセリングではなく、気軽に会話をしていただけます。

(6)ご一緒に会話をするのは、訓練をした心理カウンセラー・相談員です。

(7)LGBTQI当事者&ALLYの人間が対応するので、差別や偏見によって言葉の暴力を行うことはありません。

と、なります。
従来の心理カウンセリングは●月●日に会話のお約束、というルールですが、このサポートは24時間の対応となります。
 
モヤモヤした時や考え事をしているとき、LGBTQIに関して聞いてみたいこと、ただ誰かと話したいとき、LGBTQI当事者と会話をしたいとき、どんな事でも話しかけてください。
もちろん、年齢やお住まいの地域も不問です。

LGBTQI当事者に限らず、経営者、人事担当者、教員、支援員、保護者、その他、どなたでもご活用ください。
 
 

サポートのご利用方法

・PC、スマートフォン、タブレット、機種を問わずSkypeをインストール頂いた端末をご用意ください。
 
・SkypeのID検索にて pmr_support24 を検索ください。
 
・連絡先へのリクエストを頂かなくてもチャットを使って頂くことができますので、ご自由にお話しください。
 
・24時間サポートですので、夜間や夜中でもご利用頂けます。
 
※下記サイトにてSkypeの使用法が詳しく解説されておりますので、カウンセリングルームP・M・RへのSkypeの使い方のお問合せはご遠慮くださいませ。
 
●スカイプらぼ
http://www.skype-lab.com/
 
 

チャットサポートの背景

今回のサポートを開始した背景として、2015年の東京都渋谷区の同性パートナーシップ条例が施行されて以降、カウンセリングルームP・M・Rには以前より多くの心理相談が寄せられるようになりました。
 
・LGBTQI当事者の方々
・LGBTQIの周辺家族の方々
・LGBTQI当事者と婚姻を結ばれた方々
・LGBTQIの子どものサポートする教育関係の方々
・LGBTQIの社員が在籍する企業の方々
・LGBTQIの方々へ向けてサービスを提供されたい方々
・カミングアウトを考えておられるLGBTQIの方々
・福祉局や支援員など、支援職にある方々
 
上記のように幅広い、多くの方々から、心理カウンセリングやコンサルティングカミングアウト支援のご依頼を頂いております。
社会の変化を感じ、ご自身のこれからの人生や、これからの社会の流れを考える方々が増えてきた証しだと思います。
 
そこで、カウンセリングルームP・M・Rでは、より多くの方々の心のサポートができるように、Skypeを活用した24時間のチャットサポートをスタートすることに致しました。
この24時間チャットサポートが、日本全国の多くの方々のお役に立てば幸いです。
 
マイノリティも、マイノリティでない方も、全ての方々が生きやすくなるよう、カウンセリングルームP・M・Rスタッフ一同、誠意を尽くして参ります。
 
 

御利用にあたってのご注意

以下のご注意事項をご理解頂いた上で、ご利用ください。

・心理カウンセラー・相談員が確認次第、お返事をさせて頂きます。即時のお返事ができない可能性について、ご理解をお願い致します。

・チャットサポートとなりますので、動画による会話はできません。

・チャットを使って、本格的な心理カウンセリングをご提供するものではございません。

・心理カウンセラーや相談員の指名はできません。

・心理カウンセラーや相談員の個人情報はお伝えできません。

・最大限の個人情報保護に努めますが、個人情報の開示については、自己責任にてお話しください。

・ユーザーの皆様のからのお声を反映し、随時、サポートに関する内容を変更・追加する場合がございます。

 
何卒、ご理解のほど、宜しくお願い致します。
 
 
スカイプ24時間チャットサポート
a:3632 t:3 y:5